スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アンジェラ 

angel.jpg


リュック・ベッソン監督のお洒落な映画を紹介します

48時間しか自分の命は猶予が無い
こんな人生は、まっぴら御免だ・・・・・
という事で人生を終わりにしてしまおうと、アレクサンドル3世橋からセーヌ川に飛び込もうとしていた男が居ました
アンドレでした
そんな時、突然女が現れたのです
ハッと息を呑む美しさ、ついつい見とれてしまうのでした

あなたと同じ事をする
そう言い残して女は川に飛び込みました
アンドレは、思わず女の後を追って川に飛び込みます
『死なせたくない!』

女は、自分をアンジェラと名乗ります
そのアンジェラに振り回されるうちに、やがてアンドレも死のうとしていた気持ちが変わっていくのでした

スポンサーサイト

[2007/12/08 21:11] ラブロマンス | TB(0) | CM(3)

スタンドアップ  

stand.jpg


シャーリーズ・セロン主演の、アメリカでのセクハラ事件を扱った映画です
日本にもセクハラは、日常的にあるんじゃないかと思ってますけど、この映画は酷いです
世の中の女性が、男性社会の中で暮らしていくには、これほども差別があるんだと思い知らされました

子供を連れて故郷に帰ってきたジョージーは、10代で息子を産んでシングルマザーでした
鉱山の町でしたが、そこに父親も働いている、ジョージーも働くことになります
町の人たちは、“身持ちの悪い女”と冷たい視線を向けるのでした

職場では、男性社会に進出してきた女性に対する会社ぐるみの厳しい洗礼と、屈辱的な嫌がらせが待っていました

そんな中ジョージーは、女性の地位向上のために立ち上がるのですが、周りに協力してくれる人たちは居ませんでした
実の父親さえ味方になってくれないのでした

この映画は実話に基づいての話なのですが、なおの事、女性の地位向上に立ち上がったジョージーの事をすごいと思います

男性のみなさんも、この映画を見て、職場での反省すべき点があるのではないでしょうか?

[2007/12/03 15:59] 社会派 | TB(0) | CM(0)

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 

yonimo.jpg


ジム・キャリー主演の、こころ温まる(?)お話です
3人の兄弟が、突然襲ってきた不幸に対して力を合わせて立ち向かっていくという作品です

恥ずかしながら、この映画はDVDで見かけるまで全く知りませんでした(^^ゞ
でも見たら、グイグイ引き込まれて、あっという間に終わりまで見てしまいました

ボードレール家には幼いが賢い三姉弟妹が居ました
14歳の長女ヴァイオレットは発明家でした
長男のクラウスは、暇さえあれば本を読んでいました
末っ子のサニーは噛むことが大好きな女の子です

ある日、3人が海辺で遊んでいる時に不幸が訪れます
自宅が火事で、両親が焼け死んでしまった事でした
孤児となった3人は遠縁の親戚オラフ伯爵(ジム・キャリー)が預かることになります
しかし伯爵は欲張りな悪人でした
3人は伯爵が彼らの遺産を掠め取ろうとしていることに、すぐに気づくのです
後見人として正式な手続きを済ませたオラフ伯爵は、子供たちを殺そうと企てます
しかし3人は自分たちの能力を生かしてピンチを切り抜けるのです

次に預けられたのは、爬虫類学者のモンティおじさんの家でした
やさしかったモンティおじさんでしたが、ところがそこにステファノと名乗ってオラフ伯爵が現われ、おじさんを殺してしまうのでした
次に子供たちが連れて来られたのは、孤独なジョゼフィーンおばさん(メリル・ストリープ)の家でした
そこにまたシャム船長と名乗って、オラフ伯爵が現われます
オラフ伯爵はジョゼフィーンおばさんに言い寄り、何とか遺産を我が物にしようと企てますが失敗に終わります
しかし3人は、オラフ伯爵の家に連れ戻されてしまうのでした
そこで婚姻関係がない限り金にならないことを知った伯爵は、ヴァイオレットと結婚式を挙げようと計画します
だがクラウスの活躍で結婚式は潰れ、ついにオラフ伯爵は逮捕されたのでした


[2007/11/26 18:19] ファンタジー | TB(0) | CM(4)

どろろ 

dororo.jpg
またもや久々になってしまいました。。。。。。。
せめて毎月更新しなくちゃですよね

さて今回紹介する『どろろ』は、妻夫木聡くんと柴咲コウさんという豪華な顔ぶれでの作品です
プライベートでも仲の良いといううわさが出ていますが、果たしてどうなるんでしょうね?

さて作品ですが、戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は
四十八体の魔物と契約を交わし強大な力を与えられますが、その見返りとして生まれくる我が子を捧げる事となります
体の四十八ヶ所を奪われて生まれた赤子は捨てられ、呪医師・寿海の秘術によって救われます
子供は身を守るため左腕に仕込まれた妖刀と同じ百鬼丸と名付けられます
成長し、魔物を一匹倒すごとに体の部位が1つずつ戻る定めなのだと知り、体を探す旅に出ることとなります

[2007/11/11 12:34] 未分類 | TB(0) | CM(2)

涙そうそう 

namida.jpg


兄弟の愛って、こんなにも深いものなんだな~~って考えさせられました
妻夫木聡と長澤まさみが主演なのですが、この二人の演技が良くて、自然と涙させられました

いつか自分の店を出したいと洋太郎は、朝から晩まで働いていました
そんな彼にとって自分の夢より何よりも優先すべきは大切な妹・カオルの幸せでした
幼い頃、『どんなことがあっても妹を守る』と母と交わした約束だったのです
その妹が高校進学を機にオバァと暮らす島を離れ、洋太郎と一緒に暮らすことになります
綺麗になったカオルに、洋太郎はドキマギしてしまいます
破天荒なカオルに振り回されっぱなしな洋太郎でしたが、いちいちやる事に口出ししてくる洋太郎に、カオルは面倒くさくなってしまいます

やがて二人は別々に暮らすようになるのでした・・・・
しかしある時事件が起こるのでした
[2007/10/11 22:14] ハートフル | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。